トップページへ戻る衛研物語について筆者紹介沖縄戦後史年表リンク掲示板お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jpp

吉田朝啓が公衆衛生の最前線「衛生研究所」を舞台に描く、
知られざる戦後・沖縄のリアルな裏面史!


1954年(昭和29年)頃の国際劇場。この名前から、国際通りと呼ばれるようになった。
 吉田朝啓

琉球衛研物語

 Ryukyu Eiken Monogatari 1946~1993

波の上宮。1954年頃。

赤痢、日本脳炎、基地公害、米軍毒ガス移送から、ハブ、性病、アスベスト問題まで、ドクトル吉田朝啓が第五代所長として勤務した「琉球衛生研究所」は、米軍統治を背景に、戦後の沖縄の混乱と復興の中で、ありとあらゆる問題が発生した。ここには、歴史家や、マスコミが取り上げていない、沖縄戦後史に埋もれた特異な陰の部分が横たわっていて、史料的価値が高いばかりか、現代の日米地位協定に基づく、様々な問題と通底していて、見逃せない。
(編集人、サイト制作&運営 樋口謙一)


琉球衛研物語 §59.
クワズイモのえぐみ


衛研が大里村の丘の上に新築移転して間もなく、
化学室の上間君がチョウケイ所長の部屋にぶらりとやってきた。

職員がぶらりとやって来る雰囲気をチョウケイは大好きだ。
所長室に閉じこもって部下が運んでくる書類に目を通して
印鑑を押すだけのスタイルを好まない。

できればこちらから出かけていって、一緒に顕微鏡をのぞいたり、
環境汚染の検体を処理したり、ハブや昆虫の飼育を手伝ったりして、
現場感を保ちながら職員との間の仲間意識をキープしたいのである。

「所長。なにかないですかね。ちょっと面白い研究テーマが」。
「ちょっと面白い。研究のテーマ?」。
「毎日、行政検査で大量の検体を扱っていると、たまには、
自分が興味の持てるテーマをコツコツと追究してみたい気になるんですよ」。

「ほう、それはいい。君たちの持っている化学分析の技術を
僕が持っていたら、次から次とテーマを見つけて
片っ端から追究するんだがね。
残念ながら化学と物理には学生の頃から弱いのよ」。

「その辺は、私が担当しますから、なにかこう、
ささやかながらワクワクするような小さいテーマを見つけて下さいよ」。
チョウケイは、久しぶりに心がうずくのを覚えた。

全国の地方衛生研究所には、その任務として
①試験・検査,②調査・研究、③教育・研修という仕事が課されている。

しかし、得てしてすでに顕在化している行政的な課題に
付き合わされて試験検査に明け暮れることが多い。
行政を支えるための研究機関であるから、これは当然の役割ではあるが、研究職員としては、才能の手持ち無沙汰になりかねない。

めいめいが持てる学術的な能力を発揮できる
調査と研究のチャンスと励みが欲しいのだ。
試験と検査だけなら、民間の検査機関に委託すれば、
安くて早い結果を行政は手にすることができる。

だが、県内に潜在的にあるであろう無数の公衆衛生学的な問題を
発掘するには、技術職員の調査研究能力に頼らざるを得ない。
かつて、全国の衛研が合同で、カラスを使っての
環境汚染物質・農薬などの分析調査を企画したことがあった。

これも、各衛研の抱えている研究職員を鼓舞しつつ、
全国レベルのテーマに挑もうという趣旨であった。

カラスはいつも人間の生活環境内にいて、
ほとんど人間の食べ物に近い餌をつついている。
だから、カラスの肝臓とか脳味噌を分析すれば、
農薬や環境汚染物質がどの程度かが判るし、地域的な分布もわかる。

しかし、沖縄ではヤンバルにしかいないカラスでは
汚染の指標にはならないと、沖縄側はスズメに変えるよう提案したが、
入れられず見送ったいきさつがある。

「小さいけど、面白いテーマがあるよ」
「なんですか、それ」

「終戦直後、黒人米兵がね、地元の民家に呼ばれて
ターウム(田芋)をご馳走になった。むっちりしておいしかった。
とても気に入って、これはどんな作物かと聞く米兵に、
あれだと指差したのが、田んぼの芋だったのよ。
その米兵は、ああ、あれなら基地内にたくさんあると、
早合点して、指を鳴らしながら帰っていった。

数日後、その米兵が民家にやってきた。
目の下から唇にかけて、目も当てられないほどに膨れ上がった
米兵が手にしているイモを見て、みんなびっくりした。
でっかいクワズイモを抱えていたそうだ。
可哀想にクワズイモの芋をグツグツ炊いて
たっぷり砂糖で味付けて口にいれた。
普通でもわれわれの二倍もある唇が
三倍に腫れ上がったという次第」。

「どうだね、クワズイモの成分を徹底分析してみないかね」。

サトイモ属のサトイモやタイモ(田芋、水芋)や、タロイモなどが、
みなおいしいのに、なぜクワズイモが食べられないのか、
不思議に思っていたチョウケイだ。

この際、衛研の誇る秀才上間君に
その科学的な理由を追究してもらいたいと、思いついたのである。

上間君の文献上の検索と化学分析で判ったことだが、
田芋やサトイモなどは、コロカシア(Colocasia)という仲間で、
根茎によく澱粉を貯める有用植物だが、
姿や形のよく似たクワズイモはアロカシア(Alocasia)という異なる仲間で、どんなに大きくなっても澱粉を蓄積せず、
逆に物凄いエグミを溜め込むということがわかった。

「所長、クワズイモの葉っぱや茎、根茎には、
ガラスのように尖がった蓚酸カルシュームの結晶が
びっしり詰まっているんですよ。
いわゆるエグ、方言でいうイーゴーですね。
クワズイモは煮ても焼いても食えんですなあ」
という上間君の結果報告に、内心感服しながらも、
エグが方言のイーゴーにつながるという突然の発見にも心躍らせていた。


衛研の秀才たちと日々付き合っていると、
星屑のようにキラキラした知識や知恵が頭に入ってきて、
老化した脳がその都度活性化される。


クワズイモ。その葉は、ご覧のように巨大。サイズ比較のため、筆者がモデルとして、特別出演。


        
次のセクション「§60.ハブ探索犬 」へ




琉球衛研物語
総インデックス
全72セクション・リンク
§1 全国の衛生研究所とその働き
§2 琉球衛生研究所の生い立ち
§3 衛研の庁舎新築
§4 衛研への本土学者の応援
§5 保健婦のためいき
§6 ハブの啼き声
§7 地から湧く日本脳炎
§8 燃える井戸
§9 アルミニューム工場誘致問題
§10 ワシントン条約とサンシン
§11 ホテルに泊まったニシキヘビ
§12 性病Gメン
§13 毒ガス移送問題
§14 米軍PCP汚染事件
§15 沖縄県公衆衛生協会誕生
§16 牛糞をこねる男
§17ゴールデンシャワーとの出会 い
§18 熱帯花木オンパレード
§19 田熱・レプトスピラ症
§20 テイシューが湧く井戸
§21 蚊が死なない
§22 野ネズミが消えた
§23 バガス病
§24 危し宮古島地下水脈
§25 宮古島地下水対策協議会誕生
§26 水納島上陸作戦
§27 ハブとの住み分け大作戦
§28 国場川を埋め尽くす死魚
§29 南大東島水銀事件
§30 ハブの成長曲線
§31 血清銀行
§32 吹きまくる風疹
§33 轟く基地公害
§34 怒る中山貞則長官
§35 MSA対決
§36 毒牙の生え変わり
§37 寄生虫予防協会誕生
§38 多発する赤痢
§39 魚介類のコバルト汚染問題
§40 シガテラによる食中毒
§41 先天性代謝異常検査開始
§42 「青年の家」とハブ
§43 全校生徒眼が痛い!?
§44 ソロモンの星の下で
§45 平敷式血液塗末標本処理器
§46 古戦場ガダルカナルで
§47 塩漬け琉球列島
§48 中華料理店症候群
§49 逃げたハブ
§50 タリュウム中毒事件
§51 タバコとハブ
§52 ひよこの特攻隊
§53 アフリカマイマイ
§54 杜総明先生との再会
§55 沖縄にも肺吸虫
§56. 衛研、大里の新天地へ
§57 新庁舎建設委員会
§58 コレラ菌安謝川を汚す
§59 クワズイモのえぐ
§60 ハブ探索犬
§61 目下フンセンチュウ
§62 アスベスト撤去作戦
§63 JICAの研修生受け入れ
§64 久高島にハブ
§65 ヴェロニカ製ろ過装置
§66 のた打ち回る島々
§67 サミット先生のこと
§68 カンボジア沖縄友好の会誕生
§69 アセアンの森
§70 チョウケイの転戦
§71 寝たきり予防
§72 郷土劇 “ゆいまある





トップページへ戻る衛研物語について筆者紹介沖縄戦後史年表リンク掲示板お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jp 
Copyright © Yoshida Chokei. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system