トップページへ戻る衛研物語について筆者紹介沖縄戦後史年表リンク掲示板お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jp

吉田朝啓が公衆衛生の最前線「衛生研究所」を舞台に描く、
知られざる戦後・沖縄のリアルな裏面史!


1954年(昭和29年)頃の国際劇場。この名前から、国際通りと呼ばれるようになった。
 吉田朝啓

琉球衛研物語

 Ryukyu Eiken Monogatari 1946~1993

波の上宮。1954年頃。

赤痢、日本脳炎、基地公害、米軍毒ガス移送から、ハブ、性病、アスベスト問題まで、ドクトル吉田朝啓が第五代所長として勤務した「琉球衛生研究所」は、米軍統治を背景に、戦後の沖縄の混乱と復興の中で、ありとあらゆる問題が発生した。ここには、歴史家や、マスコミが取り上げていない、沖縄戦後史に埋もれた特異な陰の部分が横たわっていて、史料的価値が高いばかりか、現代の日米地位協定に基づく、様々な問題と通底していて、見逃せない。
(編集人、サイト制作&運営 樋口謙一)


琉球衛研物語 §55.
沖縄にも肺吸虫


ナメクジやアフリカマイマイを口にして、
広東住血線虫に感染し、脳の障害を起こすという珍事は、
その後発生が途絶えたが、沖縄には昔から自然物を口にして
病気になってしまうという事故がときどき報告される。

フエフキダイなど魚の毒による中毒、
琉球王国時代や戦時中のソテツ中毒などは、
新聞にも報道されて、庶民も注意を怠らない。

だが、寄生虫学の世界でかなり有名な
肺吸虫(肺ジストマ)という病気に関しては、
沖縄の庶民には全く知られていない。

本土の各地には昔から
肺病病みの一種として地方病扱いされてきたが、
沖縄とは無縁の奇病としか受け止められてなかったのである。

ある日、衛研医監室の照屋寛善先生からチョウケイ所長の部屋に
「コーヒー入れたからお出で」と電話があって伺うと、
寛善先生ニコニコとしておられる。

「いやね、面白い文献を見つけたもんだから、
ちょいと見てもらおうと思って」。
「ほほう、どんな文献ですか」、
「かなり前だが、東大の佐々先生と共同で調べた肺吸虫の調査結果だよ」
「ああ、あれ。国頭にも肺吸虫の分布があるという報告ですね」。

照屋寛善先生、かねてからヤンバル地方に
肺の風土病があるということを知っていて、
いつかは徹底的に調べてみようと考えておられた。

結核ではないが肺臓の中に丸い穴があいて、
黒い痰が出るという奇病である。

結核のようにどんどん病気がひどくなって死ぬという恐ろしさがなく、
ただコンコンと咳をして、黒い痰をだして、
しかも長生きするという、ヤンバルの地方病である。

19@@年、照屋先生の招きによって
東京大学医科学研究所の佐々学教授が沖縄に来られた。

それ以前にもしばしば沖縄を訪れ、
腸内寄生虫病やフィラリアの調査、衛生検査技術の指導など、
沖縄の風土病の対策に貢献された本土大学研究陣の代表的な方である。

「ノミはなぜ跳ねる」という題の本をはじめ
数々の面白い啓蒙的な本を書かれて、日本の誇る風土病学者であった。

衛研に現れた佐々先生の出で立ちには、みなびっくりした。

上から麦藁帽にサングラス、首にはタオルを巻いて、
カーキの作業服、両手に軍手、
両足は脛まで届くゴム長靴という格好は
とても東京帝国大学の教授とは見えない姿であるが、
山地の川を踏査するにはこれが合理的である。

結局衛研の随行員一同も同じ服装をして、出発とあいなった。

国頭の山林地帯の大小の河川をつぶさに踏査した結果、
やはり肺ジストマが国頭に分布しているということが判った。

モクズガ二とサワガニを捕らえて、そのエラのところを視ると、
粟粒よりも小さい真ん丸い幼虫(メタセルカリア)がいくつか見つかる。

問題は、この幼虫がどうして人間の体の中に
入ってくるかという経路の問題だ。

採ってきたカニをすり鉢に入れて、そのままグチャグチャに潰すと、
殻も身も味噌のようになってしまう。
これに水を加えて絞ると風味たっぷりの汁ができる。

このスープをそのまま味噌汁にすると「カニ汁」「カニおぼろ」、
ご飯に炊き込むと「カニ飯」が出来上がる。

これは、食べた人でないとその旨味がわからないほどおいしい。
渓流に生きているあの毛むくじゃらのカニが
こんなにうまい成分を体に蓄えているなんて、想像できない。

山村の珍味である。
スープもカニ飯も熱が加えられているから肺吸虫は死滅するが、
すり鉢やすりこぎに付着したメタセルカリア(幼虫)を
後でウッカリ口から体内に取り込むと災いが始まるのである。

九州・四国の山国で、このカニ料理に魅せられて
肺臓ジストマに罹るひとが絶えなかったのである。

沖縄では、もう患者発生は聞かれない。

モクズガニ


        
次のセクション「§56. 衛研、大里の新天地へ 」へ




琉球衛研物語
総インデックス
全72セクション・リンク
§1 全国の衛生研究所とその働き
§2 琉球衛生研究所の生い立ち
§3 衛研の庁舎新築
§4 衛研への本土学者の応援
§5 保健婦のためいき
§6 ハブの啼き声
§7 地から湧く日本脳炎
§8 燃える井戸
§9 アルミニューム工場誘致問題
§10 ワシントン条約とサンシン
§11 ホテルに泊まったニシキヘビ
§12 性病Gメン
§13 毒ガス移送問題
§14 米軍PCP汚染事件
§15 沖縄県公衆衛生協会誕生
§16 牛糞をこねる男
§17ゴールデンシャワーとの出会 い
§18 熱帯花木オンパレード
§19 田熱・レプトスピラ症
§20 テイシューが湧く井戸
§21 蚊が死なない
§22 野ネズミが消えた
§23 バガス病
§24 危し宮古島地下水脈
§25 宮古島地下水対策協議会誕生
§26 水納島上陸作戦
§27 ハブとの住み分け大作戦
§28 国場川を埋め尽くす死魚
§29 南大東島水銀事件
§30 ハブの成長曲線
§31 血清銀行
§32 吹きまくる風疹
§33 轟く基地公害
§34 怒る中山貞則長官
§35 MSA対決
§36 毒牙の生え変わり
§37 寄生虫予防協会誕生
§38 多発する赤痢
§39 魚介類のコバルト汚染問題
§40 シガテラによる食中毒
§41 先天性代謝異常検査開始
§42 「青年の家」とハブ
§43 全校生徒眼が痛い!?
§44 ソロモンの星の下で
§45 平敷式血液塗末標本処理器
§46 古戦場ガダルカナルで
§47 塩漬け琉球列島
§48 中華料理店症候群
§49 逃げたハブ
§50 タリュウム中毒事件
§51 タバコとハブ
§52 ひよこの特攻隊
§53 アフリカマイマイ
§54 杜総明先生との再会
§55 沖縄にも肺吸虫
§56. 衛研、大里の新天地へ
§57 新庁舎建設委員会
§58 コレラ菌安謝川を汚す
§59 クワズイモのえぐ
§60 ハブ探索犬
§61 目下フンセンチュウ
§62 アスベスト撤去作戦
§63 JICAの研修生受け入れ
§64 久高島にハブ
§65 ヴェロニカ製ろ過装置
§66 のた打ち回る島々
§67 サミット先生のこと
§68 カンボジア沖縄友好の会誕生
§69 アセアンの森
§70 チョウケイの転戦
§71 寝たきり予防
§72 郷土劇 “ゆいまある





トップページへ戻る衛研物語について筆者紹介沖縄戦後史年表リンク掲示板お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jp 
Copyright © Yoshida Chokei. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system