トップページへ戻る衛研物語について筆者紹介沖縄戦後史年表リンク掲示板お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jp

吉田朝啓が公衆衛生の最前線「衛生研究所」を舞台に描く、
知られざる戦後・沖縄のリアルな裏面史!


1954年(昭和29年)頃の国際劇場。この名前から、国際通りと呼ばれるようになった。
 吉田朝啓

琉球衛研物語

 Ryukyu Eiken Monogatari 1946~1993

波の上宮。1954年頃。

赤痢、日本脳炎、基地公害、米軍毒ガス移送から、ハブ、性病、アスベスト問題まで、ドクトル吉田朝啓が第五代所長として勤務した「琉球衛生研究所」は、米軍統治を背景に、戦後の沖縄の混乱と復興の中で、ありとあらゆる問題が発生した。ここには、歴史家や、マスコミが取り上げていない、沖縄戦後史に埋もれた特異な陰の部分が横たわっていて、史料的価値が高いばかりか、現代の日米地位協定に基づく、様々な問題と通底していて、見逃せない。
(編集人、サイト制作&運営 樋口謙一)


琉球衛研物語 §51.  
タバコとハブ


県内の風土病や急性伝染病対策に貢献し、
その過程で自らたくましく成長していった衛研であったが、
度重なる米軍基地公害や旺盛な開発に伴う環境汚染の問題に対しては、そろそろ力不足の傾向が目立つようになっていた。

また、イタイイタイ病、四日市喘息、水俣病に代表される
日本の公害問題は、復帰を目前にした沖縄でも関心が高まり、
沖縄の自然環境の清浄さも予防的に守らなければならないとする
民意も大きく育ちつつあった。

そのような社会的要請を受けて、琉球衛生研究所は発展的に解消され、
機構改革によって新しく「沖縄公害衛生研究所」となった。

そして、沖縄独自の問題ハブに対応するために、
機構の一部として「ハブ支所」が誕生した。

いままで、ハブ咬傷治療薬としてのハブ抗毒素の研究が、
本土学界の支援で細々と続けられてきたが、「ハブ支所」の職務として、
咬傷の予防に繋がるハブの生態学的調査研究が加えられたのである。

これには、これまで薬理学的な仕事に没頭していた
福間室長が抜群の貢献をしてくれた。
行政本庁の係りを説得し、生態学的研究がいかに大事で必要であるか、
ハブ抗毒素の研究と生態学的研究は
車の両輪のようにハブの現場である沖縄でやるべきで、
本土他府県の学者に任せておける問題ではないということを理解させた。

その結果、急遽、
琉球大学生物学科卒と保健学科卒の新人研究員が数名採用された。
浦添市の経塚に生態研究施設も建設された。

時代の要請というものは心強いものである。
所長が要請しなくても、行政当局が明敏に判断して施策してくれる。
それに、出先の施設に福間氏のような本庁を突き上げるくらいの
仕事熱心な職員がおれば、鬼に金棒である。

ある日、新任の西江研究員がチョウケイ所長の部屋にやってきた。
「私もハブ担当となっていますが、なにをやればいいんですか」
「そうさな、生物学士の勝山君がハブの生態学をやるのだから、
化学に強いあなたは、ハブ殺しの薬でも開発してもらおうか」

「ハブ殺し!?」。
鳩が豆鉄砲を食らったような顔の西江君を前にして、
チョウケイ所長も実のところ気が滅入ってしまっていた。

太古の昔からハブと狭い島々で
共生してきたウチナーンチュでありながら、
これまで、ハブの生き様に関する本格的な調査研究は、
琉球大学の高良鉄夫教授によるものだけで、
ましてハブによる被害の防除や咬傷予防のための研究は
ほとんどゼロの状態である。

すべて、これから衛研が主体となって取り組まなければならない。

ハブが生きるための条件には大きく三つある。
第一に、繁殖のための雌雄の固体が近距離の内に
ほどほど生息していること(生息密度)。
第二に、昆虫、カエル、ネズミ、小鳥などの餌が十分あること。
第三に、身を隠したり産卵するための穴があること。

この三つのうち一つでも完璧にゼロにすれば、
その範囲内でハブは絶滅する。
疫学を骨にして公衆衛生を学んできたチョウケイは、
この辺までの理屈は考えていた。

この三つの条件のうち、ハブの生息密度を減らす化学的な手段として、
選択的にハブを殺滅する物質が見つかれば、
一定地区内でのハブ駆除が実現する。

「思いつくまま、化学物質を片っ端からテストしてみたら?」
「やってみます」
「ただし、人畜や自然環境に余り害の無い奴をね」
「わかっています」。

こうして、狭いハブ飼育室の一角で、ベテランの川村研究員との共同で、
ハブ殺しの“妙薬”探しが始まった。

半年後のある日、西江研究員が息せき切って所長室に入ってきた。
「所長、タバコです」
「ん?おれは禁煙してもう10年になる」
「いえ、タバコでハブが死ぬんです」
「なぬ、タバコがハブ殺しに効く? で、どうやって吸わせる?」
「吸わせるんではなく、呑ませるんです」。

彼女の報告によると、数多い化学室の薬品を調べているとき、
ふと自然物の中に有効なものはないか、ひらめいたのだそうである。

そして、公衆衛生の分野で一番嫌われている
タバコの中の無数の有害成分をテストしてみようと思い立った。

タバコの中には、数千数百の毒が含まれていて、
人はこれを身体に吸い込んで、その都度命を削っていく。



西江君は、すでに川村研究員が独自で工夫した
“幼蛇の強制給餌法”と同様にシガレット一本分の刻みタバコを
ハブの喉に押し込んで呑ませてみた。

そしたら、一時間もたたないうちに、ハブが伸びてしまったという。
「でかしたね、タバコは人も殺すんだが、ハブもやるんだね」
「身近にある毒物や薬物の中にも案外有効な物が在るかもしれない」。

こうして、もっと簡単で有効な物を求めて探索が続けられ、
結局、カリュームが一番手っ取り早くて極めて有効だということが判った。

そのカリュームの粉末をカプセルに入れて、
呑ませたらたった1グラムで伸びてしまったという。

体重1kgのハブに1グラムなら、
60キログラムの人体だったら60グラムに相当する。
人間も伸びてしまう致死量だ。

カリュームは人体に必要な塩類の一つである。
ナトリュームに似ているが、高血圧を促すナトリュームに入れ替わって
細胞の内外でいい働きをしてくれる大事な物質。

野菜や果物に多い。黒糖にもタップリ含まれている。
だが、微量栄養素として摂るなら兎も角、取り過ぎたら大変。


* カリウムは、ナトリウムやマグネシウム・カルシウムなどと共に人体に欠かせない微量物質で、果実や野菜にふんだんに含まれている。尚弘子博士の研究によっても明らかになったように、沖縄特産の黒砂糖にカリウムが高濃度に含まれており、血圧の安定(食塩のナトリウムとのバランス)に有効であることが知られている。沖縄の長寿者が好む黒糖。しかし、カリウムそのものの使用には慎重を要する。



次のセクション「§52.ひよこの特攻隊 」へ




琉球衛研物語
総インデックス
全72セクション・リンク
§1 全国の衛生研究所とその働き
§2 琉球衛生研究所の生い立ち
§3 衛研の庁舎新築
§4 衛研への本土学者の応援
§5 保健婦のためいき
§6 ハブの啼き声
§7 地から湧く日本脳炎
§8 燃える井戸
§9 アルミニューム工場誘致問題
§10 ワシントン条約とサンシン
§11 ホテルに泊まったニシキヘビ
§12 性病Gメン
§13 毒ガス移送問題
§14 米軍PCP汚染事件
§15 沖縄県公衆衛生協会誕生
§16 牛糞をこねる男
§17ゴールデンシャワーとの出会 い
§18 熱帯花木オンパレード
§19 田熱・レプトスピラ症
§20 テイシューが湧く井戸
§21 蚊が死なない
§22 野ネズミが消えた
§23 バガス病
§24 危し宮古島地下水脈
§25 宮古島地下水対策協議会誕生
§26 水納島上陸作戦
§27 ハブとの住み分け大作戦
§28 国場川を埋め尽くす死魚
§29 南大東島水銀事件
§30 ハブの成長曲線
§31 血清銀行
§32 吹きまくる風疹
§33 轟く基地公害
§34 怒る中山貞則長官
§35 MSA対決
§36 毒牙の生え変わり
§37 寄生虫予防協会誕生
§38 多発する赤痢
§39 魚介類のコバルト汚染問題
§40 シガテラによる食中毒
§41 先天性代謝異常検査開始
§42 「青年の家」とハブ
§43 全校生徒眼が痛い!?
§44 ソロモンの星の下で
§45 平敷式血液塗末標本処理器
§46 古戦場ガダルカナルで
§47 塩漬け琉球列島
§48 中華料理店症候群
§49 逃げたハブ
§50 タリュウム中毒事件
§51 タバコとハブ
§52 ひよこの特攻隊
§53 アフリカマイマイ
§54 杜総明先生との再会
§55 沖縄にも肺吸虫
§56. 衛研、大里の新天地へ
§57 新庁舎建設委員会
§58 コレラ菌安謝川を汚す
§59 クワズイモのえぐ
§60 ハブ探索犬
§61 目下フンセンチュウ
§62 アスベスト撤去作戦
§63 JICAの研修生受け入れ
§64 久高島にハブ
§65 ヴェロニカ製ろ過装置
§66 のた打ち回る島々
§67 サミット先生のこと
§68 カンボジア沖縄友好の会誕生
§69 アセアンの森
§70 チョウケイの転戦
§71 寝たきり予防
§72 郷土劇 “ゆいまある





トップページへ戻る|衛研物語について|筆者紹介|沖縄戦後史年表|リンク|掲示板|お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jp 
Copyright © Yoshida Chokei. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system