トップページへ戻る衛研物語について筆者紹介沖縄戦後史年表リンク掲示板お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jp

吉田朝啓が公衆衛生の最前線「衛生研究所」を舞台に描く、
知られざる戦後・沖縄のリアルな裏面史!


昭和32年ころの嘉手納ロータリー、嘉手納沖映屋上からの眺め
 吉田朝啓

琉球衛研物語

 Ryukyu Eiken Monogatari 1946〜1993

昭和40年代の街頭テレビ中継、沖縄返還協定のニュースを見る

赤痢、日本脳炎、基地公害、米軍毒ガス移送から、ハブ、性病、アスベスト問題まで、ドクトル吉田朝啓が第五代所長として勤務した「琉球衛生研究所」は、米軍統治を背景に、戦後の沖縄の混乱と復興の中で、ありとあらゆる問題が発生した。ここには、歴史家や、マスコミが取り上げていない、沖縄戦後史に埋もれた特異な陰の部分が横たわっていて、史料的価値が高いばかりか、現代の日米地位協定に基づく、様々な問題と通底していて、見逃せない。
(編集人、サイト制作&運営 樋口謙一)


琉球衛研物語 §38. 
多発する赤痢


1960年代後半、琉球列島では
消化器伝染病の横綱ともいえる赤痢が猛威を振るった。

年々、1000人を超す感染者が発生し、
1969年には、ついに1886人、
1970年には1795人の患者を出すに至った。

そのほとんどすべての事例で飲料水の汚染が原因とされ、
新聞にも大きく喧伝された。米国民生府(USCAR)も慌てた。

飲料水などの生活用水は、沖縄駐留の米軍兵士であれ、
沖縄人であれ、等しく十分量提供されなければならない。

“衛生的で十分な量の水(Sufficient amount of wholesome water)”の提供は、公衆衛生施策の第一歩であることを、米軍は百も承知のはずである。

その頃、米軍施設や軍人軍属の住宅には
いち早く米軍工兵隊によって水道水が提供されていて、
沖縄人の都市地区の住民にもようやく上水道が届くようになっていたが、
多くの市町村では、依然として非衛生的な水に頼っていた。

そこで、米国民生府は、
一般資金の中に高等弁務官の裁量で支出できる
“弁務官資金”を設けて、上水道ネットワークから落ちこぼれた
市町村の水事情改善のために支出した。

道路や橋などの費用も含まれたが、ほとんどが「簡易水道」に使われた。
この「簡易水道」が、しばしば赤痢流行の源となったのである。

資金をもらって、表流水や湧水や井戸水を貯めて、塩素消毒を施し、
村の家々に水を届ける事業がすべて衛生的でなければならないのに、
衛生学的知識や技術まで保障する弁務官資金ではなかったためもあって、「簡易水道」はしばしば至るところで破綻した。

水源の上流地域に住宅や畜舎が建ち、塩素消毒装置が故障し、
給水パイプが切れて汚水が混ざるなど、
あってはならないことが多発して、赤痢が蔓延した。
文字通り赤い血の混じった下痢便が止まらず、大人も子供も憔悴した。

1970年、夏。
衛研の所長に就任したばかりのチョウケイ先生のところに、
石川保健所から電話が入った。 

基地の町金武村の並里・金武両地区で頻々と下痢患者が発生しており、
疑似患者も含めて159人。何名かの幼児が死んだという。

治療に当たった比謝所長は、患者を家庭内隔離するしかない現状が
赤痢を蔓延させる一因であることは百も承知。
しかし、全島の病院に隔離病床は50床しかない。
「早く現地調査をして原因を究明し、防圧を助けてほしい」と、
所長のせっぱづまった声が電話の向こうで聞こえる。
金武村では、3年前にも、約500人の集団赤痢が発生し、
“菌村”と酷評されるほどであった。

沖縄本島北部東海岸にある金武村。
そこは何百人も収容できる巨大な鍾乳洞で有名だが、
戦後米軍海兵隊の基地(キャンプハンセン)が居座ったために、
農地の大部分が接収され、村民の集落が解体され、移動を余儀なくされ、
とんでもない所に集落を形成せざるを得ない事情が続いている。

戦後定住が許されるようになった所は、並里区の上方斜面で、
かつては豊かな森林と農耕地が広がり、
県下有数の湧泉“金武大川”の水源涵養林ともなっていた
清浄な地帯であった。

伝説によると、金武の洞窟に大蛇が住み着き、
しばしば金武大川の水を飲みに往復する途中で家畜を襲い、
子女に善からぬことをするようになっていた。

それで、金武観音寺創設者の日秀上人が念力を発揮して
洞窟に閉じ込めることに成功したという昔話がある。

森林と大蛇と水源との関係にまつわる伝説にみるように、
沖縄のほとんどすべての湧水にはその上方に
鬱蒼とした水源涵養林に包まれるように隆起珊瑚礁石灰岩の層があり、
そこは、ハブを中心とした動植物の宝庫ともなっていて、
しばしば地元の人々の拝所として篤く保護されていた。

ところが、戦争はこのような村の静穏な佇まいと敬虔な水思想を破壊した。そして、外国の軍隊はただ軍事目的のために兵舎を構える。

米軍が金武鍾乳洞の近隣に
“下水処理施設なし”の将校用の集会所を開設したり、
住民が地下水脈に配慮する余裕もないまま、
垂れ流しの便所を住まいの周辺に置いた。

* 水と風を勘案して長年月の間に育てた人々の風水の思想は忘れ去られていた。フンシー(風水)の素養に裏打ちされた村落の合理性は破壊され、衛生学的にも不合理な集落となってしまったのである。
住民の生活様式は都市化しているのに、環境衛生はそれについていけない。水道は消毒不十分な簡易水道で、下水道はなく、便所は不潔という状況が戦後しばらく続いた。

 
現在の金武大川。その後、改修、整備されているが、水源地帯には住宅があり、
もはや飲料水には使えなくなっている。



次のセクション「§39.魚介類のコバルト汚染問題」へ




琉球衛研物語
総インデックス
全72セクション・リンク
§1 全国の衛生研究所とその働き
§2 琉球衛生研究所の生い立ち
§3 衛研の庁舎新築
§4 衛研への本土学者の応援
§5 保健婦のためいき
§6 ハブの啼き声
§7 地から湧く日本脳炎
§8 燃える井戸
§9 アルミニューム工場誘致問題
§10 ワシントン条約とサンシン
§11 ホテルに泊まったニシキヘビ
§12 性病Gメン
§13 毒ガス移送問題
§14 米軍PCP汚染事件
§15 沖縄県公衆衛生協会誕生
§16 牛糞をこねる男
§17ゴールデンシャワーとの出会 い
§18 熱帯花木オンパレード
§19 田熱・レプトスピラ症
§20 テイシューが湧く井戸
§21 蚊が死なない
§22 野ネズミが消えた
§23 バガス病
§24 危し宮古島地下水脈
§25 宮古島地下水対策協議会誕生
§26 水納島上陸作戦
§27 ハブとの住み分け大作戦
§28 国場川を埋め尽くす死魚
§29 南大東島水銀事件
§30 ハブの成長曲線
§31 血清銀行
§32 吹きまくる風疹
§33 轟く基地公害
§34 怒る中山貞則長官
§35 MSA対決
§36 毒牙の生え変わり
§37 寄生虫予防協会誕生
§38 多発する赤痢
§39 魚介類のコバルト汚染問題
§40 シガテラによる食中毒
§41 先天性代謝異常検査開始
§42 「青年の家」とハブ
§43 全校生徒眼が痛い!?
§44 ソロモンの星の下で
§45 平敷式血液塗末標本処理器
§46 古戦場ガダルカナルで
§47 塩漬け琉球列島
§48 中華料理店症候群
§49 逃げたハブ
§50 タリュウム中毒事件
§51 タバコとハブ
§52 ひよこの特攻隊
§53 アフリカマイマイ
§54 杜総明先生との再会
§55 沖縄にも肺吸虫
§56. 衛研、大里の新天地へ
§57 新庁舎建設委員会
§58 コレラ菌安謝川を汚す
§59 クワズイモのえぐ
§60 ハブ探索犬
§61 目下フンセンチュウ
§62 アスベスト撤去作戦
§63 JICAの研修生受け入れ
§64 久高島にハブ
§65 ヴェロニカ製ろ過装置
§66 のた打ち回る島々
§67 サミット先生のこと
§68 カンボジア沖縄友好の会誕生
§69 アセアンの森
§70 チョウケイの転戦
§71 寝たきり予防
§72 郷土劇 “ゆいまある”





トップページへ戻る衛研物語について筆者紹介沖縄戦後史年表リンク掲示板お知らせ・更新 mail: chokei@nirai.ne.jp 
Copyright © Yoshida Chokei. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system