近日刊行!!

琉球衛研物語

吉田朝啓が公衆衛生の最前線「琉球衛生研究所」を舞台に描く、
知られざる戦後・沖縄のリアルな裏面史!

                         (表紙装幀イメージ)


赤痢、日本脳炎、基地公害、米軍毒ガス移送から、ハブ、性病、アスベスト問題まで、
ドクトル吉田朝啓が第五代所長として勤務した「琉球衛生研究所」は、米軍統治を背景に、
戦後の沖縄の混乱と復興の中で、ありとあらゆる問題が発生した。ここには、歴史家や、
マスコミが取り上げていない、沖縄戦後史に埋もれた特異な陰の部分が横たわっていて、
史料的価値が高いばかりか、現代の日米地位協定に基づく、様々な問題と通底していて、
見逃せない。
  (出版プロデュース・責任編集 樋口謙一)

出版パーティーも開きます!よろしくご参加ください!

開催日時、開催場所、決まり次第、お知らせします。!

この出版に合わせて、ホームページを立ち上げます。



inserted by FC2 system